ペインクリニック「病院の実力」2

ペインクリニック「病院の実力」1でも紹介しましたが

2013年9月1日の読売新聞に「病院の実力 兵庫編」
という記事に、「西宮市立中央病院のペインクリニック科」
について書いてありましたので紹介します。

(記事の内容↓)
神経ブロックは、局所麻酔薬などによって、
一時的あるいは長期的に、ブロックした神経の
領域を無痛状態にできる。

鎮痛剤で効果がない場合に用いられ、
椎間板ヘルニアのように、痛みの原因が
明確な場合に使うことが多い。

ヘルニアの近くに注射すると、腫れが引いて
神経への圧迫が弱まり、痛みが軽減される
効果がある。

【記事の内容を乗太郎と見ていきましょう!】
「神経ブロックは、局所麻酔薬などによって、
一時的あるいは長期的に、ブロックした神経の
領域を無痛状態にできる。」
とありますが、

乗太郎整体院に来院された方で、局所麻酔薬でも
一時的にも無痛状態にならなかった人もおられます。

注射をうつ場所を間違えたら、神経をブロックできず、
無痛状態にならないのか?
それとも、局所麻酔が効かない人もいるのでしょうか?
(この辺は、注射したお医者様ではないので、
乗太郎もはっきり答えられません。)

「ヘルニアの近くに注射すると、腫れが引いて
神経への圧迫が弱まり、痛みが軽減される
効果がある。」
とありますが、「腫れが引いて」の腫れとは
何をさしているのでしょうか?
ヘルニアでしょうか?
それともヘルニア周りの筋肉でしょうか?

ヘルニアを腫れと言うのかは疑問ですが、
「ヘルニアが原因と明確な場合にヘルニアの近くに
注射する」とありますので、神経を圧迫しているのは、
ヘルニアだから、やはり「腫れはヘルニア」のことでしょう。

神経ブロックによる局所麻酔薬で「腫れ(=ヘルニア?)」が
引いて神経の圧迫が弱まり、痛みが軽減されることが
あるそうです。

手術をしなくても、「腫れ(=ヘルニア?)は引く」
ということが起きるというのですが、

私(乗太郎)は、神経ブロック注射でこのようなことが
起きると初めて聞いたので、こう書いてあるとしか
言えませんが、実際は、どうなのでしょうか?