生理痛

生理の出血の量に比例して、生理痛も重くなったり、
軽くなったりする人が多いようです。

主な症状は、腹痛、腰痛ですが、人によっては、頭痛、倦怠感、眠気、吐 気などが起こる人もいます。

生理痛が重い人は寝込むほどで、生理の度に学校や仕事を休まなけ ればならない人も少なくはありません。

生理痛の原因

①生理痛の原因として、子宮口がまだ成熟していない場合

10代から20代前半の若い女性は、子宮と膣をつなぐ子宮頸管がまだ狭くて硬い人がいます。

子宮口も小さいので、生理がきて血液が押し流されるときにスムーズに流れず、痛みが起こることがあります。この痛みは、子宮が成熟 することで自然と治っていきます。

②生理痛の原因 ホルモンの多量分泌による子宮の収縮が強い場合

20代後半からの痛みは、子宮内膜から出る「プロスタグランディン」というホルモ ン が多量に分泌されるためと考えられます。子宮内膜から出るこのホルモンは、本 来出産時に大量に分泌されて陣痛を起こすものですが、生理の直前や生理中にも分 泌され て血液を外へ押し出す働きをしています。この量が多い体質の人は子宮の収 縮が強 く、陣痛のような痛みが起きるのです。また、プロスタグランディンには、 ほかの臓 器や血管を収縮させる働きもあるので、下痢や吐き気、胃の痛み、肩こり や頭痛、し びれなどの症状が起きることもあります。

③生理痛の原因 冷え、ストレスから血流障害で痛む場合

体が冷えることで、血管が収縮し血流が悪くなることで生理痛がひどくなる場合があります。
ストレスも同じで血流障害を起こし、痛みを増大させます。

④生理痛の原因 子宮や卵巣に問題がある場合

生理痛や血量が増加したり、塊が出たり、生理前から痛みがある場合などは、子宮筋腫や子宮内膜症などが原因と考えられます。

当院の整体でのアプローチ

最初に、お腹の筋肉の硬直を検査します。

次にどこに痛みが発生するか?をお聞きし、
腰痛なら、腰とお尻の筋肉。頭痛なら首周辺の筋肉の硬直を
調べます。

患者様ご自身の自己治癒力を回復させることで、
硬直していた筋肉が緩んでいきます。

①子宮口がまだ成熟していない場合の生理痛は
子宮頸管、子宮口の硬さが緩むことで痛みが減少することもありますが、
子宮頸管が狭くて、子宮口の小ささが原因で痛んでいる場合は痛みは軽減しません。

③冷え、ストレスから血流障害で痛む場合

自己治癒力が筋肉、血管の収縮をほどくので、改善されていきます。

②ホルモンの多量分泌による子宮の収縮が強い場合
自己治癒力が改善されることで、ホルモンの分泌量も正常に改善されて
いきます。ホルモン分泌は、ストレスの影響を大きく受けるので、
入念な自己治癒力回復が必要です。