椎間板ヘルニア

姫路 整体,椎間板ヘルニア,坐骨神経痛専門整体,痛み改善専門整体師似顔絵

目次 ~椎間板ヘルニア~

椎間板ヘルニア年齢別割合
病院で椎間板ヘルニアと診断された人へ
何が起きて、こんなに痛いの?
椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の関係

 ~椎間板ヘルニアの手術だけは避けたい人へ
腰椎椎間板ヘルニアが激痛の原因なの?
腰椎椎間板ヘルニアの手術せずに治っている人たち
腰椎椎間板ヘルニア以外の腰痛、坐骨神経痛の原因


椎間板ヘルニア手術以外の治療法 ~
腰痛,坐骨神経痛と整形外科で診断されたら
整形外科での治療
湿布,牽引,ブロック注射で治らない場合
手術以外の治療法が無いと言われたら
「手術をしても治らなかった」
手術なしで治っている人がいる!
腰椎椎間板ヘルニアがあるまま治っている
原因が腰椎椎間板ヘルニアじゃないかも?

当整体で辛い痛みから改善される理由

整形外科医の椎間板ヘルニアの説明
椎間板の役割
椎間板がどうなるのが椎間板ヘルニアなの?
なぜ椎間板ヘルニアが起こるのか?
整形外科医の説明をふまえて

椎間板ヘルニアとは

椎間板の内部にあるべき髄核が
外に飛とび出してくる状態をいいます。
病院では、MRIでの画像検査で椎間板ヘルニアを
確認できます。

 椎間板ヘルニアのMRI画像

椎間板ヘルニアとは、「髄核外に飛とび出してくる状態」のことなので、

椎間板ヘルニア =(イコール) 腰痛
椎間板ヘルニア =(イコール) 坐骨神経痛
ではないことを覚えておいてください。

椎間板ヘルニアは若い人に多いと言われているのですが、実際のデータでは、高齢になるほど椎間板ヘルニアになっている人は多いのが事実なのです。

椎間板ヘルニアがでている人の割合

椎間板ヘルニア年齢別割合

椎間板ヘルニアの原因となるのは椎間板の変性ですが、20歳代で約30%にも見られるというデータが報告されています。

30歳から40歳では約50%、さらに高齢者になると、ほぼ全員に近い約80%以上になります。

上のデータを見ても、あなたの周りを見て椎間板ヘルニアが原因の腰痛、坐骨神経痛で苦しんでいる人を

20歳代で10人中3人、30歳代40歳代で2人に1人高齢者の10人に8人
もいないことで分かるでしょう。

 椎間板ヘルニアで苦しんでいる人の割合

病院で椎間板ヘルニアと診断された人へ

腰椎椎間板ヘルニアという状態の人の中で
「極めて少数の人に腰痛や坐骨神経痛の症状がでる」

という研究データがあることはお分かりいただけましたか?
椎間板ヘルニア=神経根圧迫ではない

MRI検査で「腰椎椎間板ヘルニア」と診断されたら、すべての人が「そのとび出した髄核が神経根を圧迫している」のではない!という事なのです。

椎間板ヘルニアが神経を圧迫していないのに痛む理由は?

椎間板ヘルニアが神経を圧迫しているのでなければ何が起きてこんなに痛いの?

ということですが、

あなたに起きている辛い痛みは筋肉がしめつけて神経を圧迫しているのです。

えっ!筋肉のしめつけが・・・って
筋肉のしめつけって何なのよ?

そうですね。いきなり「筋肉のしめつけ」と言われても意味が分かりませんね。
「筋肉のしめつけとは筋肉の硬直のことです」

えっ!筋肉が硬直しているから、私はこんなに痛いの?

硬直異常を起こしたあなたの筋肉が神経を圧迫して辛い痛みを発症させているのです。

筋肉のしめつけ、硬直異常って何で起きるの?

筋肉のしめつけは、血流異常で、筋肉に酸素と栄養が不足することで起きます。

こんなに痛いのが 血流異常=筋肉の酸欠、栄養不足で起きているのっ!!!

椎間板ヘルニア以外の神経圧迫の原因は筋肉にあった

そんなこと言われても、坐骨神経痛って、血流異常=筋肉の酸欠、栄養不足
って、信じられないわ!!!

その通りですね。整形外科では教えてくれないので信じられなくても仕方ないかもしれません。

ですが、乗太郎整体院では 実際に、坐骨神経痛=筋肉のしめつけ=血流異常=筋肉の酸欠、栄養不足 を改善させる施術で坐骨神経痛の激痛が消えている人がたくさんいます。

まとめ 椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の関係

腰痛や坐骨神経痛でMRI検査をして
『腰椎椎間板ヘルニア』と診断されたとしても
椎間板ヘルニア=とび出した髄核が
神経根を圧迫しているとは限りません。
とび出した髄核が坐骨神経を圧迫している可能性は非常に低いです。

もう1つの神経圧迫の原因である『筋肉の酸欠、栄養不足による筋肉のしめつけ』を改善させるコトを1番に取り組まれるのが良いでしょう。

椎間板ヘルニアの手術だけは避けたい人へ

腰椎椎間板ヘルニアになる割合

椎間板ヘルニアをもつ人の割合

しつこいようですが、椎間板ヘルニアになっている人の割合について、もう一度お伝えします。

大人になると腰椎椎間板ヘルニアになる割合は非常に高く

 「20歳代の約30%
30〜40歳代の半数の約50%
高齢者になると ほとんどの人と
言っていい程で80%の人が
髄核がとび出している!
腰椎椎間板ヘルニアである」
というデータがあります。

椎間板から髄核がとび出している図

ですが、実際は30歳代〜40歳代で2人に1人も
「椎間板ヘルニアの激痛で苦しんでいる人」
はいませんし、身近な高齢者の人に聞いても10人に1人もおられません。

 

椎間板ヘルニアが神経根を圧迫していない人の割合
少なく見積もっても
成人の3人に1人が
「腰の背骨に椎間板ヘルニアが存在する」
のですが、
腰痛や坐骨神経痛で苦しんでいる人は
そんなに多くありません。
あなたの周りにも
過去に
「あなたの腰痛4番と5番の間に椎間板ヘルニアがあります診断された!」
という人は意外とおられます。
「学生時代、動けないくらいの激痛で
椎間板ヘルニアって診断されたよ〜」
「俺は、10年前に腰を痛めた時に
椎間板ヘルニアって言われた」
など、というお話 聞いたコトありませんか?
そんな椎間板ヘルニア持ちの人でも
「今は全く痛みが無い!」
と言われます
「手術して切除したの?」
と聞いても、
「いいえ、手術してないから
今もヘルニアはでてると思うよ〜〜」
と平気で言われます。
皆さんの周りの成人した人、
10人以上に聞くと  こんな人に
出会うと思うので是非聞いてみて下さい。

 

腰椎椎間板ヘルニアが激痛の原因なの?

椎間板ヘルニアが治っている人の多くは手術をしていない

ほとんどの人が

「腰椎椎間板ヘルニアが神経根を圧迫して腰痛や坐骨神経痛の激痛を発症させている。」

と思い込んでいたんじゃないでしょうか?
椎間板ヘルニアMRI画像を見せられると圧迫していると思い込まされる
何年も前に このようなMRI画像を見せられて「椎間板ヘルニアが神経を圧迫しているのがこの痛みの原因だ!」と思ってしまったけど
手術せずに その激痛が治っている。
腰痛が治っている。
坐骨神経痛が治っている。
という人がたくさんいます。

椎間板ヘルニアが神経根を圧迫しているのに痛みが消えているという事実。

腰椎椎間板ヘルニアの手術せずに治っている人たち

椎間板ヘルニアの手術なしで痛みが治った理由

椎間板ヘルニアを手術せずに腰痛、坐骨神経痛が治った人の痛みの原因は「椎間板ヘルニアでは無かった」のではないでしょうか?

腰椎椎間板ヘルニア以外の腰痛、坐骨神経痛の原因

椎間板ヘルニア以外の坐骨神経痛の原因とは?

整形外科では、

椎間板ヘルニアや変形性腰椎症、脊柱管狭窄症などの骨の異常が神経を圧迫して
腰痛や坐骨神経痛がでている!
としか、教えてもらっていないと患者さんは言われますが
腰痛、坐骨神経痛にはもう1つの原因があります
椎間板ヘルニア以外の痛みの原因

筋肉の「絞めつけ」です。

手術せずに治った腰痛、坐骨神経痛はこのもう1つの原因である
筋肉の「絞めつけ」だったのでしょう。
椎間板ヘルニアの9割が筋肉を正常にすることで改善
乗太郎整体院では腰痛、坐骨神経痛のもう1つの原因である
筋肉の「絞めつけ」を正常にしていきます。
・椎間板ヘルニア
だけでなく
・変形性腰椎症
・脊柱管狭窄症
・すべり症
・分離症
と診断された人の
9割以上の人が筋肉の「絞めつけ」を正常にするコトで

腰痛、坐骨神経痛の激痛、痺れから解放されています。

椎間板ヘルニア手術以外の治療法

腰痛,坐骨神経痛と整形外科で診断されたら

【腰痛 坐骨神経痛】を発症し整形外科のレントゲン、MRI検査で

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で苦しむ男性

【腰椎椎間板ヘルニア】
【変形性腰椎症】
【腰部脊柱管狭窄症】

と診断されたら その後どうなっていくのか?

整形外科での治療

整形外科では
①これくらいなら手術する程ではないですね
②湿布と痛み止め薬で様子を見ましょう
③牽引を受けて下さい
と言われるか、

耐えられない強い痛みだと
④ブロック注射をうたれます

①~④で痛みが消えていく人もおられますが、
治らない人もいます。

①~④で、どんな異常が正常になって
痛みは消えたのでしょう?

①~④は骨格の異常を治療していないので
骨格の異常である
【腰椎椎間板ヘルニア】

【変形性腰椎症】
【腰部脊柱管狭窄症】
は異常のままです。

骨格の異常以外の何か?が
正常になって【腰痛、坐骨神経痛】は消えたコトになります。

考えられるのは、
「筋肉の異常が正常になった」
コトで
【腰痛、坐骨神経痛】は消えたワケです。

まとめ

①~④で【腰痛、坐骨神経痛】が治った人は
【腰椎椎間板ヘルニア】
【変形性腰椎症】
【腰部脊柱管狭窄症】
と診断された
【骨格の異常】と【痛み】の間には
関係がなかった!から治ったのです。

【痛み】に原因があったのは、【筋肉】で
①~④の治療を受けている間に
異常な【筋肉】が正常になって【痛み】は消えたのです。

 

湿布,牽引,ブロック注射で治らない場合

上記の整形外科の治療で治らなかったのであれば
あなたは 再度、整形外科に行かれるかもしれません。

すると整形外科では

・前回より強力なブロック注射をされ
『この注射は強力なので2週間に1回しかできません』
『これで治らなかったら手術しかありません』
と言われたりします。

ここで ほとんどの人が

「手術だけはしたくない!」
と思い

「先生、手術以外で何か方法はないですか?」
と懇願します。

しかし、お医者さまには

『手術以外に治療法は無い』
と言われて

手術以外の治療法が無いと言われたら

 

家に帰って
『このままでは手術するコトになりそう⤵』
と不安にかられ
『手術以外に何か治る方法はないか?』
とインターネットで治る方法を調べ始めます。

椎間板ヘルニア手術以外の治療法


【腰椎椎間板ヘルニア】
【変形性腰椎症】
【腰部脊柱管狭窄症】

を何とか手術なしで治す方法を探し出そうと調べまくります。

 

「手術をしても治らなかった」

姫路で椎間板ヘルニアの手術をするなら
↑「椎間板ヘルニア 手術」と検索

すると、

『手術をしても痛いままだった』
『手術をして余計に酷くなった』

という情報が載ってたり

 

腰椎椎間板ヘルニアの手術なしで治っている人がいる!

 

椎間板ヘルニア手術なしで治った人はいるのか?

『こんなに椎間板ヘルニアで髄核がとび出してどう見ても神経を圧迫している人が手術なしで治っている!』

という情報がで載っているのを見て驚かされます。

 

腰椎椎間板ヘルニアがあるまま治っているのはなぜ?

そこで

『なんで椎間板ヘルニアがあるのに治っとるんや?』
と更に調べなおすコトに椎間板ヘルニアが原因で坐骨神経痛になっていると思い込んでいた。
ある『情報』にたどり着く
【坐骨神経痛の痛みやシビレの原因】は
・腰椎椎間板ヘルニア
・変形性腰椎症

・腰部脊柱管狭窄症
などの骨格異常による神経圧迫だけではない!
という事が書かれているではないですか!もう1つの原因は病院のお医者さまも教えてくれなかった原因でした・・・↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓椎間板ヘルニア手術以外の治療法をお教えします。
それは
【筋肉の絞めつけによる神経圧迫】
だったのです。

私の坐骨神経痛の原因が腰椎椎間板ヘルニアじゃないかも?

『奇跡が起きた⤴︎ 手術せずとも治るかもしれない』

『私のこの耐え難い激痛も この筋肉の絞めつけが原因かもしれない⤴︎』

と  しかし

『お医者さんが 筋肉の絞めつけの説明を全くしなかったのは、やっぱり私の原因は筋肉じゃなくて椎間板ヘルニアだったからかも⤵︎』

『あのMRIの写真では どう考えても 髄核が大きくとび出していたから やっぱり筋肉の絞めつけは関係ないかも⤵︎』

いくら1人で考えても答えはでない・・・

そ し て 、

さんざん悩んだあげく

①もう一つの原因「筋肉の絞めつけ」の治療はやる前からあきらめて
『やっぱり、頼りになるのはお医者様!』と整形外科に行って手術をする

②手術をする前に試してみないと分からない!と『痛み改善専門の治療系整体院』で筋肉の絞めつけを正常にしてもらう

という どちらかの選択をします。

①を選択した場合、椎間板ヘルニアの神経圧迫が原因なら完治しますが、筋肉の絞めつけが神経を圧迫していたなら治りません。

②椎間板ヘルニアの神経圧迫が原因なら全く痛みは消えませんが、筋肉の絞めつけが神経を圧迫していたなら痛みは消えていきます。

 

腰椎椎間板ヘルニア手術以外のまとめ

乗太郎整体院には整形外科、整骨院、鍼灸院、他の整体などあらゆる治療をし尽くされて治らなかった人が最終的にたどり着かれる方が多く、

こんな酷い椎間板ヘルニアが手術以外で治る筈がない。

MRIで
・腰椎椎間板ヘルニア
・変形性腰椎症

・腰部脊柱管狭窄症
などの骨格異常による神経圧迫が原因と
散々聞かされ続けているので

今更、
ヘルニアは関係がないかもしれない、【筋肉の絞めつけによる神経圧迫】を取り除くと坐骨神経痛の痛みは消えていくかもしれない

と言われても、信じられません。

乗太郎は

『筋肉が原因』だと絶対に信じないで下さい。ウソだ!と思って受けて下さい。

今から『筋肉の絞めつけ』を取り除いていきます。

ヘルニアが神経を圧迫していたら『筋肉の絞めつけ』を取り除いても全く痛みは消えません。

坐骨神経痛が消えたら『筋肉の絞めつけ』が原因だったと分かるので今から体験しましょう!」

とお伝えして施術に入ります。

なぜなら、

あなたのカラダにある【痛み】が実際に消えないと信じても何の意味もありません。

まだ、痛みが消える体験をする前から
『筋肉の絞めつけによる神経圧迫が痛みの原因だ』
と信じるのは、オカシイので

実際に「痛みが消えた!」という体験をしてから事実だけを信じて下さい。

実際に乗太郎整体院では
・腰椎椎間板ヘルニア
・変形性腰椎症

・腰部脊柱管狭窄症
などの骨格異常による神経圧迫が原因と診断され

「筋肉の絞めつけ」を取り除いた人の9割の人が坐骨神経痛の痛み・シビレが消えていく体験をされています。

 

整形外科医の椎間板ヘルニアの説明

【椎間板ヘルニアってどんな病気?】
椎間板の一部が飛び出して神経を圧迫し、痛みを引き起こす
(整形外科医は椎間板が飛び出したら神経を圧迫して痛むと言いますが、椎間板が飛び出したら必ず神経を圧迫するわけではありません。椎間板の一部が脱出した状態を椎間板ヘルニアというだけです。)

椎間板の役割

背骨(脊柱)は椎骨が立てに重なって形成されています。
その椎骨と椎骨の間にはさまれているのが椎間板です。

椎間板は中心部にゼリー状の「随核」があり、周囲を「繊維輪」という丈夫な組織が取り囲んでいます。椎間板は背骨に加わる衝撃や体重を緩和するクッションの役割を担っています。

椎間板がどうなるのが椎間板ヘルニアなの?

この椎間板に強い圧力が加わったり、繊維輪の弾力性が低下すると、破れたり、ひび割れて随核が脱出することがあります。

これが、椎間板ヘルニアで腰椎に起こるものを「腰椎椎間板ヘルニア」といいます。

ヘルニアは強い腰・下肢痛を起こすことで知られていますが、その原因は、随核が脱出したり膨らんだりした椎間板が後方にある神経根を圧迫するためです。

なぜ椎間板ヘルニアが起こるのか?

1つは、椎間板はタイヤのように内圧が高くなっていますが、その内圧が異常に高まったために随核の脱出が起こってしまう。

もう1つの原因は椎間板が老化してゼリー状の随核の水分が減少して弾力性が低下したり、繊維輪の弾力低下や亀裂が起きてでます。

整形外科医の説明をふまえて

↑ここまでが整形外科で言われている椎間板ヘルニアです。

上にあるように普通の整形外科ではMRIによる画像検査が診断基準の最上位にあります。

腰痛や坐骨神経痛などでMRI検査をし椎間板ヘルニアが画像に映っていたら椎間板の一部が飛び出して神経を圧迫し、痛みを引き起こす

ということで、

腰痛、坐骨神経痛の原因は椎間板ヘルニアによる神経圧迫と診断されるわけです。

ここまで、読んで下さっているあなたなら、既にご存知だと思いますが腰痛、坐骨神経痛には違う原因が考えられることを

詳しくはこちらを見て下さい。

 鍼灸指圧整体院きらく
板橋区大山にある鍼灸マッサージ整体治療院。日常の疲れから辛い症状までお気軽にご相談下さい。身も心もリラックスできる時間と空間をご提供致します。

岐阜県可児市の整体 整体屋しみず
岐阜県可児市にある整体屋。ボキボキしない整体・コアストレッチ教室・ヨガレッスンであなたの健康をサポートします。