整形外科医「腰椎椎間板ヘルニア」の説明

整形外科の先生が話す「腰椎椎間板ヘルニア」
【どんな病気か】
椎間板の一部が飛び出して神経を圧迫し、痛みを引き起こす
(椎間板が飛び出したら必ず神経を圧迫するわけではない
椎間板の一部が脱出した状態を椎間板ヘルニアというだけです。)

(椎間板の役割)
背骨(脊柱)は椎骨が立てに重なって形成されています。
その椎骨と椎骨の間にはさまれているのが椎間板です。

椎間板は中心部にゼリー状の「随核」があり、
周囲を「繊維輪」という丈夫な組織が取り囲んでいます。
椎間板は背骨に加わる衝撃や体重を緩和するクッションの
役割を担っています。

【椎間板がどうなるのか?】
この椎間板に強い圧力が加わったり、繊維輪の弾力性
が低下すると、破れたり、ひび割れて随核が脱出することが
あります。

これが、椎間板ヘルニアで腰椎に起こるものを
「腰椎椎間板ヘルニア」といいます。

ヘルニアは強い腰・下肢痛を起こすことで知られていますが、
その原因は、随核が脱出したり膨らんだりした椎間板が
後方にある神経根を圧迫するためです。

【なぜ、椎間板ヘルニアが起こるのか?】
1つは、椎間板はタイヤのように内圧が高くなっていますが、
その内圧が異常に高まったために随核の脱出が起こって
しまう。
もう1つの原因は椎間板が老化してゼリー状の随核の水分が
減少して弾力性が低下したり、繊維輪の弾力低下や
亀裂が起きてでます。


ここまでが整形外科で言われている椎間板ヘルニアです。

上にあるように整形外科では
MRIによる画像検査が診断基準の最上位にあります。

腰痛や坐骨神経痛などでMRI検査をし
椎間板ヘルニアが画像に映っていたら

椎間板の一部が飛び出して神経を圧迫し、痛みを引き起こす

ということで、

腰痛、坐骨神経痛の原因は
椎間板ヘルニアによる神経圧迫
と診断されるわけです。

ですが、あなたはこのことを知っているでしょうか?

腰痛、坐骨神経痛には違う原因が考えられることを
詳しくはこちらを見て下さい。

椎間板ヘルニアだけが神経を圧迫するんじゃない
坐骨神経痛の原因

 

 鍼灸指圧整体院きらく
板橋区大山にある鍼灸マッサージ整体治療院。日常の疲れから辛い症状までお気軽にご相談下さい。身も心もリラックスできる時間と空間をご提供致します。

岐阜県可児市の整体 整体屋しみず
岐阜県可児市にある整体屋。ボキボキしない整体・コアストレッチ教室・ヨガレッスンであなたの健康をサポートします。