坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛でお困りのあなたへ

こんにちは。乗太郎整体院の福田です。

坐骨神経痛は、片側のお尻や足が「ダルい」「重い」「何かおかしい」からはじまり、

そのまま鈍痛として慢性症状になるか、 お尻付近から足に掛けての強烈な「痛み」や「痺れ」 が やってくるかどちらかです。

鈍痛症状なら、仕事や 家事で動き回っていると痛みを忘れますが、じっと座っていたり、夜寝るときになるとダルくて重いといった鈍痛がでたりします。

激痛がはしる場合は、少し前までは普通に歩いていた自分が嘘のように、まともに立っていられな くなかったり、座ってても、寝転んでいても痛くて痺れるといった堪えられない症状で苦しみます。

痛み改善専門整体院には、「坐骨神経痛」で悩まされて来院される方がたくさん 来院されています。

その中には、

「病院ですべり症と脊柱管狭窄症2つともあると言われた」という人や「椎間板ヘルニア」と医師に診断されて入院し、 痛みに堪えられず病院を抜けだして家族に抱えられて来院される方や数ヶ月会社を休職しているのに治らないという方もいます。

最初は、「ほっててもすぐに治るだろう」「病院に行くほどでもない」と安易に考えていたのに、

想像もしていなかった痛みと仕事や生活もままならないまでに悪化し
「このまま一生治らないのではないか?」
「いつまでこの痛み やシビレが続くのだろうか?」
と、不安に襲われます。

私自身、運送業を営む父親が酷い坐骨神経痛で苦しんでいるのを見て、「何とかしてやりたい」と整体師を目指しました。

足を引きずって歩く姿、 起き上がる度に痛がる姿が今でも忘れられません。

私が、「坐骨神経痛」のページを作成したのも、あの辛い痛みで苦しむ人を一人でも救いたいという強い思いからです。

整体師の資格を取得後、父親の坐骨神経痛を完治させ、多くの坐骨神経痛で苦しむ患者様を改善させてきた経験を元に このページを読んで改善への希望と正しく対応すれば改善すると 確信して頂きたいと思います。

坐骨神経痛改善への3つの条件

・正しくあなたの痛みと痺れの原因と治らない理由を知ること。

・あなたの坐骨神経痛を治すのはあなたの自己治癒力であることを知る。

・自分の身体に元々備わる自己治癒力を回復させる施術を受けること 。

この3つの条件を押さえることで、 必要以上に坐骨神経痛で悩まず、前向きな気持ちになってもらいます。

実際に当院へ来院する坐骨神経痛で苦しむ方々の多くは、自己治癒力が回復していき
今では以前の普通の生活を手に入れています。

 

姫路 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 原因 整体 整形外科 MRI

坐骨神経痛の症状

1つないし複数の症状が現れます
1.片側の腰から臀部にかけて痛む
2.太ももの裏、足の外側へかけての痛み、しびれ
3.体をある一定の方向にだけ動かすと痛む
4.立っている時だけ、座っている時だけ、寝転んだ時だけ痛む
5.足に力が入らなくなる
6. どんな体勢でも痛む、しびれる

 

坐骨神経はどこにあるのか?

姫路 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 原因 整体 整形外科 MRI
坐骨神経は末梢神経のなかで最も太く長い神経です。
第 4、5腰神経と第1~3仙骨神経からなり、

梨状筋の下を 通って大腿後面を下行し、
膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は、神経が腰椎の隙間から出て
骨盤をくぐり抜け、お尻の筋肉から顔を出す間の

どこかで、圧迫やしめつけるなどの障害を受けた為
に発症すると言えます。

【坐骨神経痛】・・・坐骨神経を圧迫するコトで起きる神経痛

坐骨神経を圧迫する2つの犯人とは?

坐骨神経痛を圧迫している犯人とは?
①骨の変形、異常による坐骨神経の圧迫

【腰椎椎間板ヘルニア】
【変形性腰椎症】
【腰部脊柱管狭窄症】
姫路 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 原因 整体 整形外科 MRI

②筋肉の締めつけによる坐骨神経の圧迫
【梨状筋症候群】
姫路 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 原因 整体 整形外科 MRI

坐骨神経痛で整形外科を受診すると、まずレントゲン検査をし、そのあとMRI検査をして

【腰椎椎間板ヘルニア】があると
「ヘルニアが神経を圧迫しています」

腰椎が変形していたり、脊柱管が狭くなっていると
「【変形性腰椎症】や【脊柱管狭窄症】
が神経を圧迫してま」と診断されたりします。

最近の整形外科では
MRI検査で骨格の異常が診られない場合は
【梨状筋症候群】(筋肉の異常)
と診断するお医者様もでてきているようですが

姫路周辺の整形外科では
MRI検査で異常なしとでても
【梨状筋症候群】と診断されるコトは
まだ、あまり聞きません。

 

痛み,シビレがある患部では何が起きているのか?

「痛みやシビレ」の症状が現れている患部で
何らかの異常が起きています。

異常が無いと「痛みやシビレ」はでません。

どのような異常か起きているのか?
というと

酸素欠乏が起きています

患部の坐骨神経に十分な酸素が行き届いてない状態です。

 坐骨神経痛の患部で起きている異常

痛いシビレは警告ランプ
車体に異常があると警告ランプが点灯しますが
人のカラダの警告ランプは「痛み、シビレ」なのです。

(筋肉も神経も細胞も)体の組織は、酸素と栄養がなくては
活動できません。そのため、酸素が欠乏すると危険信号として

痛みやシビレで脳に危険を知らせます。

痛みシビレは異常を知らせる警告ランプ

坐骨神経痛は酸素不足栄養不足の警告ランプ
坐骨神経痛の痛み、シビレの異常は「酸素不足、栄養不足」
なので、車でならガソリン不足にあたります。

坐骨神経痛の原因は酸素不足と栄養不足

酸素欠乏には2つの原因が考えられます。

その1
腰やお尻を通る坐骨神経が何らかの原因で圧迫、絞めつけ
られることによって、坐骨神経が正常に働かなくなって
酸素を取り込む能力がおちることで酸欠状態になる。

その2
坐骨神経が通っている患部の筋肉にはしっているが血流障害
をおこしていて、酸素が十分に運ばれてこない。

坐骨神経痛の酸素欠乏の2つの原因

当整体の坐骨神経痛施術

まず、患者さまに痛みの検査をして頂きます。
しっかり、痛む動作を確認してもらってから
施術にはいります。

梨状筋を中心にお尻の筋肉の硬直を調べます。
硬直している筋肉を見つけ、患者さまの自己治癒力を
回復させていきます。

自己治癒力が回復してくると血管が拡張し
筋肉が緩み「絞めつけ」による圧迫が無くなっていきます。

患者さまに痛む動作を確認して頂き

これで、痛みが消えていれば、お尻の筋肉(梨状筋)
の硬直だけが坐骨神経を絞めつけていたことになります。

まだ、痛みが残る場合は、
腰や股関節の筋肉も坐骨神経を絞めつけているので
再度、硬直した筋肉を探し、筋肉の絞めつけを
緩めていく必要があります。

更に、長期間坐骨神経痛を患っている方は、
痛みやシビレのある太腿やふくらはぎ自体の
筋肉も血流障害で酸欠が起きているコトがあります。

腰、お尻で坐骨神経痛の絞めつけをほどき、患部の血流が正常になれば
痛みは解消されます。

8万人が視聴した【動画】


※音がでます!ご注意下さい

ギックリ腰から左坐骨神経痛になった大学生

中学時代から、何度か痛めていた腰。

昨年の夏にサッカーでギックリ腰で動けなくなり、1週間くらいでギックリ腰は治ってきたかな!?って思った時に

左のお尻に痛みがはしり、その後、足にかけても耐え難い痛みとシビレ、ハリで、サッカーは全くできなくなり、日常生活さえ痛みを耐える日々でした。

近くの整形外科でレントゲン検査をすると「骨に異常は無いので大丈夫!!」と言われ

別の病院では、膝のお皿の下をたたく(腱反射の)検査などをされ、「何ともなってない」と言われ、痛み止めの薬と湿布薬を処方されるだけでした。

『異常が無いから大丈夫って、こんなに痛いのに何で???』
と病院には足が向かなくなりました。

病院でも原因が分からない「この痛み」の不安・・・

そんな時に・・・就職試験の実技試験の器械運動(マット運動)で『伸膝後転』が「この痛み」でどうしてもできない・・・

この様子を見かねたサッカー関係の先輩から紹介されたのが「痛み改善専門整体」でした。

「痛み改善専門整体」では、病院では診てくれなかった『筋肉の硬直異常を正常にしていく』という「痛み」に対して、明確な施術で、

「この痛み」の原因となる筋肉の硬直異常を作り出した「カラダの使い方」の改善方法の指導がとても面白くて効果があり、

左のお尻から足にかけての痛みとシビレ、ハリは消え『伸膝後転』はできるようになり、サッカーもできるまでに回復しました。