痛み←細胞で何が起きているのか?

痛みが発生している患部では異常を修復しようと
血管拡張物質が分泌されたりしているのは
筋肉レベルの話です。

筋肉を構成している細胞レベルで何が起きているのか?
少しみていきましょう。

少し難しいかもしれませんが、できるだけシンプルにまとめてみました。

身体を車に例えて考えてみましょう。姫路 整体 五十肩 頚椎症 評判 自律神経失調症 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 ストレス改善 顎関節症 分離症 ぎっくり腰 膝痛車エンジン

車がエネルギーを作り出す仕組みは
【ガソリン】と【酸素】をエンジンで燃焼させ熱エネルギーを作り出すことで
タイヤを回転させる動力にします。

それでは、人はどのようにエネルギーを作り出して
体を
動かしているのでしょうか?

高校の生物基礎で勉強した内容です。
記憶をたどってみましょう。

人のエネルギーを作り出しカラダを動かす仕組みには2種類あります。姫路 整体 五十肩 頚椎症 評判 自律神経失調症 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 ストレス改善 顎関節症 分離症 ぎっくり腰 膝痛

①無酸素によるエネルギー生成による無酸素運動
(短距離走などの急激な運動)
②有酸素でのエネルギー生成による有酸素運動
(ウォーキングなどの軽い運動)
の2種類です。

いったい、このエネルギーと痛みに、どういった関係があるの?

私たちの一般的な生活は
②の有酸素でエネルギーをつくる【有酸素運動】が
主な体の動きになります。

この有酸素でつくられるエネルギーが不足が
痛みと深く関係しています。
姫路 整体 五十肩 頚椎症 評判 自律神経失調症 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 ストレス改善 顎関節症 分離症 ぎっくり腰 膝痛

血管が収縮し老廃物が蓄積してくると

酸素と栄養は細胞に運搬されにくくなります。

酸素と栄養が不足すると細胞は
エネルギーをつくれなくなって
生命を維持できなくなるので

プラスタグランジンなどの血管拡張物質(発痛物質)で
血管を拡張させます。

痛みのある患部はカラダに必要なエネルギーが不足し
エネルギー補給の為、血管拡張物質(発痛物質)が
でてエネルギー供給される途中の状態と言えます。

 

この血管拡張物質がでてエネルギー運搬を正常化させる
働きをしているのが自己治癒力
と言えるのではないでしょうか。

 

いったい、このエネルギーと痛みに、どういった関係があるのでしょうか?
答えはかんたんですね。「エネルギーが足りていない」のです。

大切なところなので、2回も同じ質問をしました。

何が大切かというと
カラダに必要なエネルギーは足りていない患部は血行不良が起きている。

痛いところは、「エネルギー不足」=「血行不良」が
正常になろうと血管拡張物質(発痛物質)が頑張っている
ところなのです。

 

 

 

このエネルギー不足の原因を知ることが
痛みの原因を知ることにつながるので
無酸素運動と有酸素運動について
もう少し勉強してみましょう。


 

 

では、質問です。
普段の生活で①無酸素運動と②有酸素運動
どちらが多いでしょうか?
姫路 整体 五十肩 頚椎症 評判 自律神経失調症 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 ストレス改善 顎関節症 分離症 ぎっくり腰 膝痛

ほとんどの大人は②の有酸素運動をしているでしょう!
大人になって無酸素のダッシュすることってほとんどないですし、
何十キロの重い荷物を運ぶこともそうそうないですよね。

無酸素運動以外は、有酸素運動なので、呼吸で取り込んだ酸素を
使っているわけです。

無酸素運動の説明
姫路 整体 五十肩 頚椎症 評判 自律神経失調症 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 ストレス改善 顎関節症 分離症 ぎっくり腰 膝痛無酸素
姫路 整体 五十肩 頚椎症 評判 自律神経失調症 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 ストレス改善 顎関節症 分離症 ぎっくり腰 膝痛
無酸素運動・・・100M走など、息を止めて行う運動。

筋肉の細胞内の細胞基質で酸素を一切使わず、
ブドウ糖からエネルギーを作り出す。

長所:急にエネルギーが必要になったとき酸素なしで
すぐにエネルギーを作り出せる。

短所:①ブドウ糖からしかエネルギーを作り出せない。
作り出すエネルギー量が少なく長時間もたない。

無酸素活動では日常生活で必要な基礎代謝のエネルギーを
まかなうことができません。

30秒くらいは息を止めたまま生きられますが、
それ以上は無理です。

有酸素運動の説明
姫路 整体 五十肩 頚椎症 評判 自律神経失調症 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 ストレス改善 顎関節症 分離症 ぎっくり腰 膝痛有酸素姫路 整体 五十肩 頚椎症 評判 自律神経失調症 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 ストレス改善 顎関節症 分離症 ぎっくり腰 膝痛 姫路 整体 五十肩 頚椎症 評判 自律神経失調症 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 ストレス改善 顎関節症 分離症 ぎっくり腰 膝痛
有酸素運動・・・ウォーキングや軽いランニングなど呼吸をして行う運動

細胞の中にあるミトコンドリアという細胞小器官で栄養と酸素が完全燃焼し
大きなエネルギーを作り出す。

長所:①三大栄養素すべてからエネルギーを作り出せる。
酸素を用いて完全燃焼させるため大量のエネルギーを
作り出せる。
短所:酸素がないとエネルギーを作り出せない。

日常の生活で長時間使い続けるエネルギーはミトコンドリアで
作り出されています。

大人になってからはスポーツや特殊な仕事をしていない限り
ほとんどが、有酸素のエネルギー生成でまかなっていると
いっていいでしょう。