ペインクリニック講座【侵害受容性疼痛・ 神経障害性疼痛】

慢性化する痛み精神面にも影響
ペインクリニックの実力

今日の神戸新聞の記事です。
順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座の井関雅子教授によると

痛みには二種類に大別される。

ケガをした部位や炎症部位から
「発痛物質」が出て、痛みを脳に伝える
侵害受容性疼痛。

神経が圧迫されるなどして起こる
神経障害性疼痛。

『痛みが慢性化すると精神面にも悪影響を及ぼす。
早期に専門家の診断を受けてほしい』

ペインクリニックと手術

手術療法は、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、分離症、すべり症
といった骨などの異常の手術のことでしょう。

麻酔薬を注射するブロック

薬物療法、理学療法、作業療法、
装具

・食事、運動、睡眠など生活習慣の
改善。
・痛みをやわらげる自己対処法を取る
(入浴など)
・ストレスを避ける
・休養を取る

☝️
新聞では上記の対症療法を
勧められています。