ギックリ腰に前兆はあるのか?

ギックリ腰などの急性の腰痛は患部で何が起きているのでしょうか?

ギックリ腰による炎症
ギックリ腰の患部では
 筋肉の炎症や筋肉の損傷が起きています。

初めてギックリ腰になった人は
「何の前触れもなく、急にギックリ腰になるんですか?」
 と聞かれる人が多いのですが

何度かギックリ腰の経験がある人は

「あっ!ヤバイっギックリ腰になりそうや」
と前もって、分かるという人が
結構 おられます。

前触れがあるのか?ないのか?どっちやねん!

というと

ギックリ腰初心者は「予兆は無かった」
と言われますが

実際は、ギックリ腰経験者の言われる通り
ギックリ腰をする前から
既に異常が起きているのです!

ギックリ腰になる前からの異常っていったい何なの?

それは、慢性の腰痛と同じで
・腰の筋肉の硬直 です。

つまり、腰の筋肉の血管が収縮して
【酸素不足、栄養不足】になり

柔らかかった正常な筋肉
硬直した異常な筋肉となって
いるのです。

【質問】

ここで質問です。

【酸素、栄養】が十分に行き届いている
柔らかい正常な腰の筋肉の人が
重い荷物を持つと ギックリ腰になるでしょうか?

【答え】

正常な筋肉だと ギックリ腰になりませんし、
なれません。

【酸素不足、栄養不足】で硬直した異常な筋肉で
悲鳴を上げている時に

思い荷物を持たずに、前かがみになるだけで
ギックリ腰になったりします。

もう一つよく質問されるのが
ぎっくり腰って癖になるの?

ギックリ腰をされた人の中で 大きく分けると

①半年に一度は必ずギックリ腰になって2週間動けなくなる。

②10年くらい前にギックリ腰になったことあるけど
あれから一度もギックリ腰になってない。
になると思います。

①は癖になっていると言ってよいと思います。
ですが、原因は明確です。

①の人は、半年間かけて、疲労がピークになり、
筋肉が酸欠、栄養不足になり体を支えられなくなって
ギックリ腰を発生させるのです。

このような定期的に発生するギックリ腰で悩む方でも
乗太郎整体院では、たくさんの方が ギックリ腰から
卒業されています。

※ギックリ腰を卒業する為に
体の【ある部分】を意識して、生活することを
ご紹介しています。

体の【ある部分】を意識すると
腰まわりの筋肉の酸欠、栄養不足は起きにくくなり

ギックリ腰が起きなくなります。

体の【ある部分】は 体の中心点なので
是非、知って 腰痛、ギックリ腰から卒業してください。