どうしても分かって欲しいんだ【解決編】

あなたがどうしても・・・

分かって欲しい
理解して欲しい
受け入れて欲しい

のに

実際は
「わかってもらえない」
「否定されている」
「受け入れてもらえない」
心理カウンセリング,絶望感
わかってもらえないという
絶望的感情・・・⤵

思い込み解消,分かってほしい

今まで、
この絶望感を誤魔化して生きてきた⤵

第1位

あきらめたフリ⤵

第2位

自己否定⤵

第3位

愚痴る⤵

第4位は

記憶の偽造⤵

第5位

無かったことにする⤵

あらゆるテクニックを用いて
絶望感を誤魔化してきた⤵

誤魔化しても問題を先送りにしているだけ
だから、

「ちゃんと問題と向き合わないとダメだよ。」
と思った方に

どうやって向き合ったらいいのか?
考えていきましょう。

例えば、 あなたが

『私はあなたのことをこんなに分かってあげているのに、
なぜ、あなたは自分のことばかり考えて生きているの?』
『私がこんなに一生懸命頑張っていることを感じて欲しいのに』
『なぜ、こんなに大事なことなのにあなたはわかってくれないの?』
『お金より大事なものがあることに気づいてよ』
『私はあなたと一緒にいるだけでいいのに』
『私はあなたにこんなに尽くしているのに』
『あなたが私の気持ちをほんの少しくみとってくれるだけで私はラクになるのに』

という 第3位 愚痴る 誤魔化しテクニックを
採用している場合

第3位

愚痴る は

分かってくれないのは
分かってくれない相手のせいである!
と責任転嫁し自分には否が無いことにして
誤魔化していることが分かるでしょう。

責任を相手になすりつける癖のある人が
向き合うにはどうしたらいいでしょうか?


「人のせいにして誤魔化しているんだから
自分のせいで分かってもらえないんだ!」
と全て自分の責任で問題は起きている
と思うのが向き合うことになる。

というように、
普通の人は考えますが

「全て自分の責任で問題は起きている」
というのは向き合っている人の
大きな特徴ですが

今まで、ずっと人のせいにして生きてきた人が
「全て自分の責任で問題は起きている」
って深く思おうと頑張っても

表向きの薄皮で向き合ってるだけ
なのはバレバレです。

根っこは真っ黒で
「何で俺のせいやねんっ」
「あいつが悪いんやろっ」
「分かってくれへん方が悪いに決まってるっ」
ってのが見え見えです。

では、どうやって向き合ったらいいのでしょうか?

向き合っている人には
「全て自分の責任で問題は起きている」
という特徴以外にも

ある特徴があります。

「現実を直視する」
「事実を受け入れる」
という特徴です。

この時の【現実】【事実】というのは
何にあたるでしょうか?

「自分には責任を相手になすりつける癖がある」
というのが【事実】で

「分かってくれないのは
分かってくれない相手のせいで
自分には否が無いと思っている」
のが【現実】です。

この【現実】【事実】を【認める】【受け入れる】
のです。

「自分は人のせいにして誤魔化している
問題を先送りにして誤魔化している
という事実を受け入れる」
のです。(何度も何度も繰り返し受け入れます)

「誤魔化しても誤魔化しても
【現実】でも【事実】でも無いウソだから
苦しさは増す一方という現実を直視する」
のです。(何度も何度も繰り返し直視します)

この現実を直視する、事実を受け入れる
という事をほとんどの人が
できていないし、やったことがないので

実際にやってみると
不思議なことが起きてきます。

「なぜ、相手のせいにしていたんだろう?」
「あんなに苦しみを誤魔化す為に人のせいに
する必要なんて無かったんだ!」
と実感されるでしょう。